{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

クラウニングカスク ”ホール・オブ・フェイム”   アイラ シングルモルト1990 30年[正規] 51.3度/700ml

残り1点

105,000円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

☆希少な90年代蒸溜の30年熟成 アイラ島のある蒸留所(蒸留所名非公開)の希少な90年代蒸溜のシングルモルト(蒸留:1990年11月20日)。 バーボンバレルで30年熟成、カスクストレングスボトリング。 サントリー名誉チーフブレンダーであり、日本人で初めてウイスキー殿堂(ホール・オブ・フェイム)入りを果たした輿水精一氏が樽を選定した特別中の特別の究極のスペシャルエディションが、このクラウニングカスク。 以下、輿水精一氏コメント。 『アイラモルトの30年熟成、長期熟成のアイラモルトならではの魅力を十分堪能できるウイスキー。ピート香りの力強さは維持したまま、時を経るごとに洗練されていくフルーティーで甘く華やかな味わいに驚かされる。グラスに注いだ直後はまずクリーンで、エステリーな香りが立ちあがるが、次の瞬間熟成した樽香とともにスモーキーな香りが心地よく鼻に抜けていき、その存在感を主張する。香り立ちの良さ、芳醇な香りの豊かさは生まれながらのものだろう。加水するとこのウイスキーの魅力が一層際立つ。ベースにあるモルティやスモーキーな香りに加えて、クリーミーでトロピカルフルーツやジャムを連想させる甘く華やかな香り、ビターなチョコレートの香りなどが伸びていく、香りは柔らかくなめらかで、口に含むとシルクやベルベットを思わせる口中感に驚かされる。香りの豊かさ力強さ、なめらかさは長い余韻につながり、高い満足感を得られることだろう。蒸留所名を想像しながら味わうのも楽しく、熟成の偉大さを改めて実感していただける1歩となることだろう。』 ◇蒸留:1990年11月20日 ◇瓶詰:2021年

セール中のアイテム