new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

アイル オブ ラッセイ ヘブリディアン シングルモルトR-01.1[正規] 46.4度/700ml

残り3点

7,980円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

☆ラッセイ島で稼働する唯一の新興蒸留所 アイルオブラッセイ蒸留所は、スコットランド西海岸にあるヘブリディーズ諸島のひとつ、ラッセイ島で稼働する2014年に設立の唯一の蒸留所。 アイルオブラッセイのスタイルをよく表現した、スモールバッチのシングルモルト。 「R-01」とは「Release-01」の略。 面白いのが、ノンピーテッドとピーテッドの原酒をそれぞれに、ライウイスキー樽、ボルドー赤ワイン樽、チンカピンオーク樽の3種類で熟成することによって、合計で6種類の原酒を組み合わせている点。 これは素晴らしい品質の3年熟成をつくるという計画のもと考え出されたメソッドであり、熟成期間が短いながらも複層的で複雑さを感じるウイスキーを目指している。 また、全てのスピリッツは島内にあるウェアハウスで熟成し、瓶詰まで行うため、ヘブリディーズ諸島の気候の影響を最大限に受けている。 「R-01」は春夏にボトリングされたバッチで、「R-01.1」と名付けられたR-01の第二弾は、IT業界出身の創業者ビル・ドビー氏の独特の感性がうかがえる。(IT業界からの独特の感性とはどんなものか気になるが ) 非常にリッチなダークフルーツのフレーバーとライトリーピーテッドのバランスが秀逸。 ノンチル&ノンカラーでボトリング。 同蒸留所のモットーは「品質史上主義」。 その独特な味わいを決定づける大きな特徴のひとつが仕込み水。 ダンカン山に降った雨は火山岩を通り、ジュラ紀の砂岩によって濾過される。そのため、敷地内に汲み上げられた仕込み水はミネラル分をたっぷり含んでおり、それを発酵に使用るすことで非常にフルーティーなスピリッツが生まれる。この仕込み水は加水などを含む全ての過程で使用されており「アイルオブラッセイ」のウイスキーに独特の甘い風味を与えている。

セール中のアイテム